転落防止ネットの選び方

  • お問い合わせ
  • お見積り
  • 会社概要
トップページ > 転落防止ネットの選び方

転落防止ネットの選び方

転落防止ネットには、さまざまな種類のネットがあります。
下記の条件をご確認頂き、ネットをお選びください。

※長さ5mを越える場合は分割でのお取付をお薦め致します

材質

主に下記の素材を利用しております。それぞれに特徴があります。

ポリエチレン

ポリエステル

繊維が固く光沢があるので、鉄骨階段・シンプルな内装に適しています。種類が豊富なため様々なお部屋の雰囲気に合わせて色などをお選び頂けます。

また、吸水性・吸湿性がないため、屋外の使用にはポリエチレンをお奨めいたします。
※その他の素材では、降雨時などに水分を含み自重で垂れ下がる場合がございます。

ポリエステル

ナイロン

柔軟性があり、折前や摩擦に強い素材です。
木製階段やあたたかみのある空間作りに最適です。

網目

網目 網目は1mm目から50mm目までご用意いたしております。目合いが大きい場合(特に37.5mm目より大きいもの)、お子様が手足を引っかけ登ってしまったり、お子様が顔を出してしまったりする場合があります。しかし、目合いが小さくなるほど重量が重くなります。
一般的には25mm目をご購入されるお客様が一番多くなっております。

ネットの使用年数

使用する年数が長いほど、耐久性のある素材のネットが必要になります。
なお、耐用年数は使用状況によっても異なりますが、屋内で約5年、屋外では屋内使用よりも短くなります。

サイズ

取り付け場所のサイズを測定してください。
階段の手摺・ロフトの手摺
「手摺の高さ」と「手摺の長さ」を測定してください。
階段の裏
「階段の幅」と「階段の長さ」を測定してください。
ベランダの手摺
ネットを設置する場所の「幅」と「高さ」を測定してください。
詳しくは測り方のページをご覧ください

カラー

ご希望の色をお選びください。取り付け場所に合った色を選ぶと良いでしょう。 なお、製品によっては、ご希望の色の取扱いがない場合がございます。ご了承ください。
color color color color

防炎/非防炎

防炎・非防炎、どちらがご希望がご確認ください。

【ご注意ください!】
「防炎」は「不燃」とは異なり、あくまでも「燃えにくい」という性能を示す用語であり、繊維等が小さな火源に接しても容易に燃え上がらず、もし着火しても自己消火性があり、際限なく燃え広がらないことを意味します。

加工方法について

ネットの張り方には、2つのタイプがあります。
お問い合わせや、お見積りのご依頼の際には、ご希望のタイプをお知らせください。

標準タイプ

標準タイプ

網目が、手すりと平行になるように張るタイプです。
階段の角度に沿った網目になるため、取り付けやすく、一般的なタイプです。

標準タイプ 長方形のネットを手摺などのお取り付け箇所に沿わせて、形を変えてお取り付けください。

斜め張りタイプ

斜め張りタイプ

網目が、床と平行になる張り方です。
階段や手すりなどの取り付け場所よって、ネットの作りが変わるため、斜めの場所に適応する形です。
通常の階段手摺の寸法に加えて、図内の角度aまたは寸法b、cをお知らせください。

※お見積のご依頼の際に、備考欄にご記入ください。

ネットを一部カットしてお作りいたします 長方形のネットを一部カットしてお作りいたします

上記の項目についてご確認いただき、適切なネットをお選びください。

選び方が不明な場合は、お見積り依頼ページをご利用ください。
ご不明な点は、お問い合わせページよりお問い合わせください。

ありがとうございます。
今まで2,000件以上の
ご相談をお受けしました

キッズプロ
施工店・設計事務所向けサイトはこちら

3つのごめんなさい

遮光ネット

素材について

それぞれの繊維の成り立ち、特性など化学せんいについて詳しくまとめられています。こちらもご参照ください。

化学せんいe-book
日本化学繊維協会編集
http://www.jcfa.gr.jp/fiber/ebook/

ポリエステル - P.5
ナイロン - P.12
ポリエチレン - P.19
繊維の性能 - P.41~42

※ご利用方法
協会の意向により、直接リンクとなっておりません。上記のURLをコピーしてご利用ください。