遮光ネット

  • お問い合わせ
  • お見積り
  • 会社概要
トップページ > 遮光ネット

幼児をまもる「施設用遮光ネット」

遮光ネット

気になる紫外線

遮光ネット紫外線の悪影響をもっとも強くうけてしまうのは乳幼児です。 若々しく健康な皮膚を維持するためには、小児期から無駄な日焼けを避けることが重要です。

  1. 子どもの皮膚は、大人の半分の厚さしかない。
  2. は一生に浴びる紫外線量の半分を18才までに浴びるといわれている。
  3. 幼い子どもは自分で紫外線対策をすることができない。

紫外線から赤ちゃん、子供達を守るのは、我々大人の責任です、大人の対応によって、子供達をシミ、腫瘍や老化、また皮膚がんから防ぎましょう。

気になる紫外線
遮光ネット赤ん坊の日光浴や子供の日焼けは健康に欠かせないと信じられてきましたが、実のところ、古くからの言い伝えで科学的な証 拠はなにもありませんでした。

20世紀半ばまでは、世界中で太陽光線を浴びることが良いと信じられ、誰もが実行してきました。科学の発達のおかげで1960年前後から紫外線がDNAに傷をつけることがわかり、1980年代に入ると、皮膚ガンの発生率が高いオーストラリア、アメリカなどが、国をあげて紫外線対策を打ち出すようになったのです。

日光浴の良いところは精神的な開放感でしょう。あとはビタミンD3を作るくらいなのです。
しかも、1日に必要なビタミンD量は、数分間太陽を顔や手の甲に浴びればもう十分なのです。

一方、日光浴で太陽紫外線を浴びれば、表皮のほとんど全ての細胞や、一部真皮の細胞の遺伝子に傷がつきます。

赤ちゃんの頃から繰り返し浴び続ける太陽紫外線によって遺伝子に傷をつけ続けることになり、いつしか遺伝子に間違いが生じて正常な細胞ではなくなり、シミ や皮膚ガンができることになるのです。

特に子供の頃は細胞分裂も大人に比べ盛んなため、太陽紫外線で傷ついた遺伝子が間違って修復される確率が高いといえます。

こんな場所に

遮光ネット ・プール
・保育園、幼稚園バスの乗り場
・運動場
・遊具周り


毎日新聞に掲載

遮光ネット

ありがとうございます。
今まで2,000件以上の
ご相談をお受けしました

3つのごめんなさい

遮光ネット

素材について

それぞれの繊維の成り立ち、特性など化学せんいについて詳しくまとめられています。こちらもご参照ください。

化学せんいe-book
日本化学繊維協会編集
http://www.jcfa.gr.jp/fiber/ebook/

ポリエステル - P.5
ナイロン - P.12
ポリエチレン - P.19
繊維の性能 - P.41~42

※ご利用方法
協会の意向により、直接リンクとなっておりません。上記のURLをコピーしてご利用ください。